利用規約

  • 第5条 会員の禁止事項

    会員は、本サービスの利用にあたり、故意・過失を問わず以下の各号に該当する行為(以下「禁止行為」といいます)を行わないものとします。禁止行為を行った場合は、当会は、事前の告知無く禁止行為に該当する箇所の削除、本サービスの利用停止、又は会員資格の抹消等、当会が適切と判断した措置を行う場合があります。その場合、当会は、これらの措置に関する質問・苦情は一切受け付けず、当会はその理由を開示する責任を負わないものとします。
    1)公序良俗に反する行為

    2)犯罪行為に結びつく行為

    3)他の会員、第三者又は当会の知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれらに限定されない)、肖像権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為

    4)本サイトと関係のない団体、サービス、活動等への勧誘を目的とする行為

    5)他の会員、第三者又は当会に迷惑をかけたり不利益を与える行為、又はこれらの者を誹謗中傷したり、名誉・信用を毀損する行為

    6)コンピューターウィルス等の有害なプログラムの使用・提供等により、本サイトのシステムインフラに障害を及ぼす行為、又は当会による本サイトの運営を妨害する行為

    7)選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為、及び公職選挙法に抵触する行為

    8)当会の承認した以外の方法で他の会員又は第三者との間で、売買等金銭的な利害を発生させる行為、代価性のない物品の交換や贈与等経済的な利害関係の生じる行為、並びに無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為、その他営利目的で本サイトを利用する行為

    9)未成年者に対し悪影響があると判断される行為

    10)スパムメール又は不特定の会員に対して電子メールを送付する行為、又はそれを読むこと、アンケートに答えることあるいは当該電子メールを他の会員若しくは第三者に転送することを強要又は依頼する行為

    11)本人、第三者を問わず個人を特定する情報を掲載する行為

    12)当会からの電子メール又は本サイトの内容を無断転載又は再配布する行為

    13)法令に違反する行為

    14)全各項に定める行為を助長する行為

    15)全各号に該当するおそれがあると当会が判断する行為

    16)その他、当会が不適当と判断する行為
ページ先頭へ戻る

読み込み中です